秋学期

いやマジで2ヶ月丸々なにも書いてないの草

そもそも前回のネタが夏休みで終わってるの悲しいっすね…

秋学期始まって3週目だけど、来年入る予定の研究室をに見学しに行ったり授業内容がますます専門化してきて頭がおかしくなってきたよ。

映画の研究室見に行った時この研究室でなにしたいのか一人づつ順番に言ってねって言われた時心臓発作で死ぬかと思いましたね()

でもまあ先生の授業で興味を持ったこと、音楽と映画の関係とかやってみたいって素直に言ったら喜んでくれたらしい。

 

そういえば最近マーラーブームが再燃したのと、超爆演と名高いテンシュテット×NDRマーラー交響曲第1番のCDを買っちゃったのが相まってマラ1、死ぬほど聞いてます。

残念ながらspotifyにもyoutubeにも落ちてないんだけれど、それに準ずるくらい名演と名高いキリル・コンドラシン×NDRのマラ1貼っておきますね。

www.youtube.com

この作品はマーラー最初の交響曲で、もともと交響詩だったものを交響曲にして、第2楽章を削って4楽章構成にしたという複雑な経緯がある作品。だから標題もついているし、もともとは楽章ごとに名前的なそれもあった。もともとは以下のような構成。

 

第1部 青春の日々から、若さ、結実、苦悩のことなど

 第1楽章 春、そして終わることなく

 第2楽章 花の章

 第3楽章 順風に帆を上げて

第2部 人間喜劇

 第4楽章 座礁、カロ風の葬送行進曲

 第5楽章 地獄から天国へ

 

交響詩ってのは音楽じゃない芸術(絵画や詩など)を音楽で表現しようってことで編み出された新ジャンル的なサムシング。リストが創始者だと言われていて、マーラーの同時代人であるR.シュトラウスなんかは交響詩たくさん書いてるよ。

まあそんなわけで4楽章構成、ニ短調

 

第1楽章はソナタ形式で、ニ短調なのに冒頭で長いAの音がフラジオレットで持続的に伸ばされているのが割とマーラーらしいポイント。普通は調性の主音のDじゃないの!?って感じになる。曲としては明るくて牧歌的。

 

第2楽章はスケルツォ…と思わせてワルツ。それもWiener Walzer的な感じ。中間部は昔からのドイツ舞曲、レントラーの感じ。再現部はまたワルツに戻って終わる。

 

第3楽章は葬送行進曲。ただ重々しいものではなくどこか皮肉げな感じ。最初はコントラバスソロで始まるけどメロディーがフレールジャックから引用されている。日本だとグーチョキパーでなに作ろの歌なのであんまり葬送行進曲感が伝わってこない…

 

第4楽章は唐突なシンバルから始まる。第1主題は激しく、逆に第2主題は息が長く甘美ながらもどこか空虚な印象。ちなみにコーダのホルンの勇壮なメロディーのとこでホルンパートは立つので視覚的に超見所(普通は演奏中立つなんて論外)。

www.youtube.com

演奏的にはヘナチョコだけど古き良きクソダサ字幕は評価できる。立つのは0:57ごろから。

忙しくてブログ全く書いてませんでした

とりあえず期末試験が終わって夏休みに突入したのが8/1、そして直ぐにサークルの合宿part1が来て昨日帰ってきたばっか…

ようやくまともに夏休みに入れるけど、金もないし暑すぎるから外に出る体力もないからカスですね…

結構合宿前後で個人練の時間確保出来たおかげで今まで弾けてないパッセージが弾けるようになったりと結構な成長が見られてまじでよかった。

 

今週聞いたクラシックとかマジであんまりないんだけど代わりにelectro swingばっか聞いてました。

 

ずっと昔から推してるcaravan palaceの新しい動画が6月末に出て、さらに新しいアルバムが近日発売とか最高かな?

マジで名曲揃いなのでぜひいろいろ聞いてみてください。

CaravanPalace - YouTube

期末試験

とりあえず金曜日で期末試験が半分以上終わったわけなんですけれど、多分まあ死んだ…

金1と金3どちらも記述試験で右手は死んだし、金1なぜか試験時間40分しかなくて解答完璧にわかってたのに書き終わらなかったし…

音響学の論文読んで問題点と解決方法と改善すべき点を40分で挙げろとか無理がある()

映像史は学んでて楽しかったけどね…サイレント映画からトーキーへの変遷、ミュージカル映画の成り立ちにヘイズコード、フィルム・ノワールからのアメリカンニューシネマ、そしてブロックバスター映画とキーワードを挙げればきりはない

残りは月曜に英語と木曜に物理学だけど英語は勉強しなくてもどうにかなるしたぶんどうにかなるっしょ()

 

最近ハマってるクラシックといえば歌劇「運命の力」。4幕まであるのもあって実際の上演機会は少ないのが悲しいけれど…

G.Verdi  La Forza del Destino

ストーリーはくそ長いから割愛するけど要は起こること全てが悪い方向に転んで行き、抗い難い「運命の力」によって誰もが不幸な結末を迎えるまさにイタリアのオペラって感じの悲劇。

力と言っても活気があるっていう感じのvigoreではなくもっとこう強いっていう感じのforzaを使ったり、運を意味するfortunaではなく決定付けられていて抗えない運命のdestinoを使うあたりもう救いようがない()

ほんとまじで無限に救いが無い話なので気になった人はあらすじだけでも是非

不幸

そういえば前回の記事でモーツァルトの話してたと思うんだけれども先週それが1+2なんだって話で解決しました。めでたしめでたし。

しかし今月、ぎっくり腰とか物大量になくしたりパソコンもぶっ壊れるしマジでひどい。お祓い行った方がいいんじゃないかなぁ…そのうち交通事故とか隕石で死ぬとかありそうで怖いよね。というかレポートが中身完璧なのにプリンターの不具合が原因で再提出になったのも忘れてた。理工学術院をぶっ壊したい。

 

そういえばほんと数日前にこの曲の譜読み始めたんですよ。

R.Schumann Violin Sonata No.2

まあとりま無限にかっこいい(ボキャ貧)

1楽章     Ziemlich langsam - Lebhaft

2楽章     Sehr lebhaft

3楽章     Leise, einfach

4楽章     Bewegt

実はシューマン、楽章の演奏指示ドイツ語なんですよ。

第1楽章は序奏付きのソナタ形式で序奏はピアノとバイオリンの何回かの和音で始まる。しばらくしてるとaccel.してそのまんまattacca的に提示部へ。まあとりあえずかっこいい()

第2楽章はスケルツォ楽章で6/8拍子。まあ特筆すべきことはなし。

第3楽章はpizz.で提示される主題を元にした変奏曲。第2変奏が綺麗。

第4楽章はソナタ形式。第1楽章と似た感じのダークなかっこよさな感じだけれどちゃんとニ短調ニ長調に最後は解決して終わる。

まあとりあえずこのユリア・フィッシャーっていう才能マシマシの美人が若い時に弾いてるクソかっこいい曲まじで惚れるからぜひ聞いてみて欲しい。

モーツァルトとチャイコフスキー

なんかブログ書くときできる限り一般向けのネタ入れるようにしてるんだけどやっぱ結局クラシックは日常なのでクラシックネタは入ってきちゃう…

今弊サークルでチャイコフスキーモーツァルトに取り組んでるんだけど、色々解説とか書いてて疑問点があったのでメモ。

 

まずはモーツァルトについて。

モーツァルトの様式としては、まああの頭お花畑な感じで決して音価通り羊羹みたいに音は伸ばさないし軽く朗らかにってのがあげられる気がする。で、フレーズの終わりの和音、いわゆるカデンツにおいて大抵3つ出てくることがあるんだけど、果たしてそれが終止+2つの付属品なのかその3つで終止なのかどっちなのか?それによって弾き方も変わってくるし割と疑問。一応文献では1+2って書いてあるものもあったし、センスとしてはそっちなんだけどたまに後者の言い方をする人もいるから混乱なう。いつか解決したら書き直そう。

 

次にチャイコフスキーについて。

チャイコフスキーは音量記号が超ダイナミックなことで有名で小さいのだとppppppとかが悲愴に出てきたんじゃなかったかな…何個か忘れちゃった()

大きいのもfffffくらいあったはず。で、今取り組んでる作品だとffffからpppまで出てきて9段階あるわけだ。そこでmfとかどのくらいで弾けばいいの?みたいなお話。ゲイなのは許すけど音量記号でガイジするのはやめて欲しい(切実)

 

 

まあ最後はクラシック紹介でも。

www.youtube.com

R.シュトラウス交響詩"ドン・ファン"。元ネタは当然あのドンファン …ではなくそれを元にしたレーナウの詩。その詩の元ネタは例の伝説で、女を追い求めるドン・ファンが地獄に落ちる話。そっちのストーリーはモーツァルトのオペラ"ドン・ジョヴァンニ"でまんま使われてたりするから暇があれば是非。

www.youtube.com

序曲だけでも不穏な感じとかビンビンですよ。

まあそれはさておき、この"ドン・ファン"なのだが、弦楽器の難曲として有名で、プロオケのオーディションに1stVn.の譜面の1ページ目が使われるくらいやばい。まあこの曲も取り組むから練習してるんですけどマジで弾けません。

最初の上行音形は「悦楽の嵐」の音形って言われててまあつまりそういうこと。で、そのあとの下行音形は理想的な女性のテーマ。そしてその次に登場する雄大な長い主題は英雄的なドン・ファンの主題。まあストーリーとしては、真実の理想的な愛を追い求めるドン・ファン。彼はどんなに女食っても満たされず、結局最後死ぬまでそれは見つからずに虚しく息が絶え終わる。みたいなやつだったはず。

だから最初は華やかで、中間部はソロヴァイオリンの甘い主題とか牧歌的なオーボエソロとか出てくる。そして冒頭の形が音程もそのまんま出てきて盛り上がるけど突然それは終わりを告げ、不気味に静かに終わる感じになってる。20分もしないほんといい曲なので是非聞いて欲しいくらい。最後の終わりが派手じゃない点を除けば大衆受けすること間違いなし。まあカッコいいからね。

来世はドン・ファンになって真実の愛を見つけたい人生だった()

 

 

厄日の対義語って何?

今日のサークルでいいことづくめで、例えば個人的な推しと楽器弾いたりとか帰り道その推しとずっと話して帰ってきたりとかまあめっちゃいいことあったんですよ。それにずっと話してみたかった新入団員とも話せたのでよかった(小並感)

ただこういう結構ラッキーでツイてる日のことを一言で表す日本語がないのが微妙だよなあ…何かいい案とかあれば教えてください。

 

それはさておき、昨日の夜から今日の夕方とR.Straussの"Also sprach Zarathustra"、日本語にすると「ツァラトゥストラはかく語りき」聞いてたんですけどめっちゃすこ。

最初の出会いはアメリカ住んでた時に訳も分からず見てた「2001年宇宙の旅」なんですけどそこからまあ10年くらい?

www.youtube.com

まああのCの音から始まるあの有名な日の出に始まり9つの部分を経て最後は自然と人間は交わらないことを暗示して静かに終わるってもう最高なのでは???

Cといえばドイツ、みたいな認識も当然あるし…

www.youtube.com

これが本編。全部で30分くらいあるのでお手軽めな方なのかな…?

一応曲としては10の部分に分かれててそれぞれ

Einletinug (イントロ)…日の出とも言われる。自然を表すC-durになってる。

Von den Hinterweltlern (世界の背後を説く者について)…こっちは人間を表すH-dur。グレゴリオ聖歌の断片があったりもする。

Von der grossen Sehnsucht (大いなる憧れについて)

Von den Freuden und Leidenschaften (喜びと情熱について)

Das Grablied(墓場の歌)…弦楽器のそれぞれの首席のソロがある。

Von der Wissenschaft (学問について)…フーガ。ワルツの動機が垣間見える。

Der Genesende (病より癒え行く者) …これもフーガ。

Das Tanzlied (舞踏の歌)…ここがマジで良い。名前の通りワルツで、ヴァイオリンの首席と次席のソロが大活躍。

Nachtwandlerlied (夜の流離い人の歌)…真夜中を表す鐘が鳴るとだんだん落ち着いていって最後は自然と人間が交わらないことが和音的に示されて終わる。

っていう具合で元ネタがニーチェの同名の詩なだけあって相当それぞれが哲学的。まあ本質の再現ではなくてあくまでそれから受けた心象の再現って感じだから本質が同一とは限らないんですけど…

 

そういえば「2001年宇宙の旅」では美しき青きドナウをはじめとして数多くの音楽が使われてたんですけれども最近の映画ってクラシック音楽マジで全く使わないですよね。個人的にものすごい残念。

そんなわけでここら辺で終わり。

暇つぶし

 

思ったけどTwitterだと空中リプだと自分の生活記録的なアレがどんどん流れていくからブログ始めることにしました。

と言っても書くことないんだけど…

 

まあとりあえず本垢に書くほどでもない日常の出来事とかゲームの進捗とか聞いた音楽とか見返したときにいい感じになってればいいんじゃないすかね?

目安として1週間に1記事くらいは書いていきたい。

 

というわけでとりあえず今日ぎっくり腰で死んでたとき聞いてたクラシックの中から1曲紹介。

www.youtube.com

A.Glazunov  String Quintet in A major  op.39

1楽章がめっちゃ好き(ボキャ貧)

普通弦楽5重奏ってVn*2, Va*2, Vc*1かVn*2, Va*1, Vc*2なんだけどこれは後者。

4重奏だと低音がVaとVcに与えられててそこからより伴奏的なのがVa、メロディーはVcになりがちだけど、この編成だとVcが2人いるからVaがメロディーを受け持つことが相当多くてクッソ大活躍してるのがまた良い。

1楽章は9/8拍子のVaソロで始まる。なんかメロディー全体的にクリスマスっぽくない?

2楽章はpizz.が多めでそんなにテンポが早いわけじゃないスケルツォ。弦楽作品でpppでarcoはあれどpizz.でそういう音色的なのを表現するのは珍しいと思う。

3楽章はグラズノフらしいインキャな内向的なAndanteブラームスとかもそうだけどこういう緩徐楽章好きだよね後期ロマン派って。

4楽章はチャイコの6重奏と類似してるとか言われてるけど形式上のものだし丸々メロディー引用とかじゃないからインスピレーション受けたくらいじゃない?って思ってる。全体的に1楽章よりも無機的なクールさが目立つけど終わりは爽やかな楽章。やっぱVa大活躍なのなんか微妙な気分になるな?

 

次回いつ更新するんすかね?気が向いたら?